Reverse WHOIS APIでドメイン名と登録者の詳細情報を取得 | WhoisXML API

指定した検索語をWHOISレコードに含む全てのドメイン名を特定

1回のAPIコールで、ドメイン名の登録者名、メールアドレス、電話番号、郵便番号などの検索ワードを含むドメイン名のリストを取得できます。

スタート

500 APIクレジットまで無料。クレジットカードは不要です。

7億7,400万以上のドメイン名を追跡
167億以上のWHOISレコード
7,596以上のTLDとcTLDを追跡
52,000以上のお客様にご満足いただいています

Reverse WHOISの特長

  • 個人または組織に関連する全てのドメイン名を特定。様々なドメイン名、個人、組織間のつながりを見つけることができます。

  • 検索結果は、登録日や有効期限日でフィルタリングできます。例えば、過去1年以内のレコードのみが必要な場合、そのように指定することが可能です。

  • 例えばドメイン名登録者名や登録者のメールアドレスなど、ドメイン名のWHOISレコードの属性を指定して検索できます。

  • 当社のWHOIS情報は一貫した構造化データとして出力されますので、既存のデータベースとの比較も容易です。

  • 現在と過去のReverse WHOISデータをご提供します。

  • 検索結果のフォーマットとして、一般に使用されているXML、JSONをご選択いただけます。

  • 完全一致、あいまい一致のいずれでも検索可能です。例えば、「John」で始まる全ての登録者名、「xyz」を含む全ての登録者メールアドレスといった検索も可能です。

  • 当社のWHOISデータは定期的に更新されますので、常に最新の情報のみを取得できます。

実践的な活用法

ブランドの保護

ブランドの保護

ブランド保護の専門家は、Reverse WHOISのデータで商標権侵害のリスクを軽減し、自社の重要な資産を保護することができます。Reverse WHOIS APIで類似/模倣ドメイン名を特定できます。

サイバーセキュリティの強化

研究者は、Reverse WHOIS APIとWHOIS Historyの観点を組み合わせて、サイバー犯罪を捜査・阻止できます。他方、アンチマルウェアソリューションに統合することで、スパムや悪意のあるリンク、攻撃の試みなどを検知できます。

サイバーセキュリティの強化
オンライン詐欺の発見

オンライン詐欺の発見

Reverse WHOIS APIは、決済代行会社や銀行を含む各種金融機関の不正取引防止に有用です。他方、WHOISレコードに含まれるドメイン名所有者の連絡先情報を活用すれば、ウェブサイトのオーナーや管理者がビジネスやパートナーシップの機会を発掘することも可能です。

ウェブの秩序を守る

Reverse WHOIS APIやReverse WHOIS Searchは、攻撃者のインフラを把握したい法執行機関にとって捜査の必需品です。全てのドメイン名、ウェブサイト、IPアドレスなど、犯罪に関連する詳細な情報を検索することができます。

ウェブの秩序を守る
市場調査

市場調査

Reverse WHOIS APIは、事業拡大を目指すビジネスオーナーにメリットがあります。WHOISデータで参照できる連絡先情報を活用すれば、新規顧客の開拓も可能です。

Reverse WHOIS API | WhoisXML API

500 APIクレジットを無料で取得できます。クレジットカードは不要です。

スタート

プレミアムAPIサービス

大規模APIデプロイメント向けの高速スロットリングが可能な専用ロードバランサーおよびプレミアムエンドポイントを備えた強化版もご用意しています。

詳細はこちら

エンタープライズAPIパッケージ

WhoisXML APIでは、全てのAPIについて年額サブスクリプションパッケージをご提供しています。毎月の支払額はクエリ数によって決まりますので、予算やリソースを適切に配分していただけます。

詳細はこちら