登録者データからドメイン名を検索するReverse WHOISツール | WhoisXML API

Reverse WHOIS:登録者の情報からドメイン名を特定できます。

Reverse WHOISは、名前、メールアドレス、電話番号などを検索語として、対応する全てのドメインレコードを検索またはAPIコールで取得できるサービスです。

スタート

APIリクエストが500件まで無料。クレジットカードは不要です。

7億7,400万以上のドメイン名を追跡
167億以上のWHOISレコード
7,596以上のTLDとcTLDを追跡
52,000以上のお客様にご満足いただいています

登録者データを使ったReverse WHOISクエリの種類

Lookup

ウェブインターフェースで検索語を指定し、過去7日間に見つかった(その検索語がドメイン名のWHOISレコードに含まれている)全てのドメイン名のリストを取得します。詳細検索オプションを使用して、特定の用語を含めたり除外したりすることもできます。

Reverse WHOIS Lookup | WhoisXML API
Reverse WHOIS API | WhoisXML API

API

APIコールを介して、関連するドメイン名を一覧表示できます。インテグレーションの支援として、ドキュメントとクライアントライブラリもご提供しています。

Reverse WHOISの特長

  • あらゆるドメイン名と個人/組織との関連性を把握できます。ご希望の提供モデル(LookupまたはAPI)で、ドメインフットプリントの詳細がわかります。

  • フィルタリングパラメータを使用して、クエリに関連しない用語を除外し、検索結果を絞り込むことができます。

  • お手持ちのWHOISデータを使い、Reverse WHOIS LookupやReverse WHOIS APIで情報を取得できます。完全一致の単語だけでなく、ファジーマッチの単語も検索に使用できます。

  • 当社のLookupとAPIの結果は、業界で最も包括的な過去のWHOISデータベースから収集されるもので、毎日更新されています。全てのデータは解析・正規化済みの一貫性ある形式で提供されます。

使用事例

  • ブランド保護

    公開の(現在と過去の)WHOISレコードに関連付けられた全てのドメイン名を明らかにすることで、既知のサイバースクワッターやブランド侵害者が登録したドメイン名に目を光らせることができます。

  • 脅威アクターのプロファイリング

    公開WHOISレコードのデータをもとに、脅威アクターの現在または過去のドメインフットプリント、そして彼らのサイバー犯罪戦術とセキュリティ侵害インジケーター(IoC)のインフラについて詳しく知ることができます。

  • 競合他社の調査

    当社のReverse WHOISソリューションを使用して、競合他社の今後の商品発売、M&A、戦略的デジタルイベントを把握できます。最新のドメイン名取得情報から、競合他社の将来の計画を知ることができるかもしれません。

  • サードパーティの身元調査

    取引を検討している相手の会社がどの程度信頼できるかを調べることができます。ドメイン名と付随する WHOISレコードから、その会社の場所、事業規模および操業期間を確認するのに役立つかもしれません。

  • アタックサーフェス管理

    ある組織の潜在的な攻撃対象領域がどの程度の大きさかを測定します。Reverse WHOISソリューションを介して長期にわたるドメインフットプリント全体を取得すると、攻撃ベクトルとして機能する可能性のあるドメイン名を発見することができます。

Reverse WHOISの概要 | WhoisXML API

500 APIクレジットを無料で取得できます。クレジットカードは不要です。

スタート