ドメイン所有者名をもとにReverse WHOIS Lookup | WhoisXML API

Reverse WHOIS Lookup:WHOISレコードからドメイン名を特定

メールアドレス、登録者名、会社名などのWHOISレコードを指定して、関連付けられた全てのドメイン名を検索します。Reverse WHOIS Lookupを今すぐお試しください。詳細につきましては、プロダクトシートご参照ください。

7億7,400万以上のドメイン名を追跡
167億以上のWHOISレコード
7,596以上のTLDとcTLDを追跡
52,000以上のお客様にご満足いただいています

Reverse WHOIS Lookupとは

Reverse WHOIS Lookupは、WHOIS内で特定の検索語を含む全てのドメイン名を取得するツールです。1つの情報を指定するだけで関連する全ドメイン名を特定できますので、サイバー犯罪捜査、市場調査、脅威ハンティングの効率化に有用です。

Reverse WHOIS Lookup

Reverse WHOIS Lookupの特長

  • 正確性

    Reverse WHOIS Lookupは、毎日更新されるWHOISデータベースを参照しているため、データの正確さと高い関連性が担保されています。

  • 包括性

    当社のWHOISデータベースは、これまでの10年以上にわたるデータクローリングで得られた167億超の過去のWHOISレコードを収録しています。

  • 柔軟性

    WHOISレコードを検索語として選択して、関連する全てのドメイン名を引き出すことができます。

  • 利用と共有のしやすさ

    Reverse WHOIS Lookupのレポートには、固有のURLが付いてきます。そのため、同僚やステークホルダーとの共有が簡単です。

実践的な活用法

サイバー犯罪捜査の強化

サイバー犯罪捜査の強化

  • サイバー犯罪者は常にデジタルの足跡を残します。Reverse WHOIS Lookupでそうした足跡を利用して、特定の攻撃者やキャンペーンに関与しているかもしれないドメイン名を全てリストアップします。DNS LookupReverse IP/DNS LookupReverse MX Lookupおよび Reverse NS Lookupなど、他のツールの結果と組み合わせると、さらに網羅的なインテリジェンスを得ることができます。
  • 攻撃者の名前、エイリアス、メールアドレスまたは電話番号を指定するだけで攻撃プロファイルを作成できます。サイバー犯罪者のインフラを構成している可能性のある関連ドメイン名を特定できます。

脅威ハンティングの強化

  • お客様の脅威インテリジェンスソースを増強します。キャンペーン、脅威アクターまたは犯罪事業に関連する全てのドメイン名を一覧化できます。
  • 既知のセキュリティ侵害インジケーター(IoC)をキーワードにして検索、他の未報告の脅威ソースを特定します。
脅威ハンティングの強化
ブランド保護戦略の強化

ブランド保護戦略の強化

  • お客様のブランドや商標を検索語とすることで、潜在的な商標侵害者をチェックできます。詳細につきましては、Reverse WHOIS APIまたはReverse WHOIS Searchをご確認ください。
  • 既知の攻撃者の名前を検索語として使用し、模倣犯や詐欺師を現行犯で捕まえます。Reverse WHOIS Lookupは、サイバースクワッティング対策の強化や訴訟の証拠収集に有用です。
Reverse WHOIS Lookup | WhoisXML API

500 APIクレジットを無料で取得できます。クレジットカードは不要です。

スタート