Advanced API docs | ドキュメント | Reverse WHOIS API|WhoisXML API

リクエストを出す

APIエンドポイント

POST https://reverse-whois.whoisxmlapi.com/api/v2
アカウントの登録後、有効化に1分ほどかかります。

検索結果の上限は10,000件です。より適切な結果を得たい場合は、検索クエリを最適化するか、Advanced Searchを使用してみてください。

Postman Collection

Postmanは、GUIからAPIへのリクエストを可能にするデスクトップおよびウェブのアプリケーションです。APIの機能を活用する際、およびアプリケーションのトラブルシューティングにあたっては、PostmanとWhoisXML APIエンドポイントのご利用をお勧めします。

WhoisXML API Postman Collectionは、以下のリンクから入手できます:

コレクションの環境はあらかじめ設定されたものです。各リクエストを起動するためには、api_key変数を設定する必要があります。 各リクエストを起動するために必要です。個人用API KEYは、My productsページで取得してください。APIに関するご質問は APIに関するご質問は、こちらにお送りください。

POSTリクエストボディの例

{
    "apiKey": "API_KEY",
    "searchType": "current",
    "mode": "purchase",
    "advancedSearchTerms": [{
        "field": "RegistrantContact.Organization",
        "term": "Airbnb, Inc.",
        "exactMatch": true
    },
    {
        "field": "RegistrantContact.Country",
        "term": "UNITED STATES",
        "exclude": true
    }]
}

Basic Searchでは、より少ない設定で、より広範な検索結果が得られます。 Advanced Searchでは、特定のWHOISフィールドを検索することができます。

1回のリクエストで最大4つの検索語を指定できます。検索語が複数ある場合、それらの全てにマッチするドメイン名が出力されます。

検索語には、以下のいずれか1つの正確なWHOISレコードが含まれます:

共通フィールド

DomainName,
NameServers,
WhoisServer,
Status,
RegistrarName,
Email

Emailフィールドは、1回のクエリでRegistrantContact.EmailAdminContact.EmailBillingContact.EmailTechContact.Emailに対して検索できます。

Registrant Contactフィールド

RegistrantContact.City,
RegistrantContact.Country,
RegistrantContact.Email,
RegistrantContact.Fax,
RegistrantContact.FaxExtension,
RegistrantContact.Name,
RegistrantContact.Organization,
RegistrantContact.PostalCode,
RegistrantContact.State,
RegistrantContact.StreetAddress,
RegistrantContact.Telephone,
RegistrantContact.TelephoneExtension

Admin Contactフィールド

AdminContact.City,
AdminContact.Country,
AdminContact.Email,
AdminContact.Fax,
AdminContact.FaxExtension,
AdminContact.Name,
AdminContact.Organization,
AdminContact.PostalCode,
AdminContact.State,
AdminContact.StreetAddress,
AdminContact.Telephone,
AdminContact.TelephoneExtension

Billing Contactフィールド

BillingContact.City,
BillingContact.Country,
BillingContact.Email,
BillingContact.Fax,
BillingContact.FaxExtension,
BillingContact.Name,
BillingContact.Organization,
BillingContact.PostalCode,
BillingContact.State,
BillingContact.StreetAddress,
BillingContact.Telephone,
BillingContact.TelephoneExtension

Technical Contactフィールド

TechContact.City,
TechContact.Country,
TechContact.Email,
TechContact.Fax,
TechContact.FaxExtension,
TechContact.Name,
TechContact.Organization,
TechContact.PostalCode,
TechContact.State,
TechContact.StreetAddress,
TechContact.Telephone,
TechContact.TelephoneExtension

ヘッダー

X-Authentication-Token

APIコールでこのヘッダーまたはapiKeyパラメータを使用できます。

My productsページで個人用API KEYを取得してください。

Advanced Searchのための入力パラメータ

Advanced Searchでは、basicSearchTermsブロックの代わりに、次の形式のadvancedSearchTerms ブロックを使います:

advancedSearchTerms.field

必須。どのWHOISフィールドで検索するか。

advancedSearchTerms.term

必須。検索文字列。大文字小文字を区別しない。

advancedSearchTerms.exclude

任意。ブール値。検索対象から除外する場合は、その単語を除外します。

使用可能な値:falsetrue

初期値:false

advancedSearchTerms.exactMatch

任意。ブール値。フィールドが検索語と完全に一致するかどうか。 falseの場合、フィールドには部分文字列として検索語を含むことができます。

使用可能な値:falsetrue

初期値:false

現在、このパラメータは次のフィールドでのみサポートされています:NameServers、 StatusRegistrantContact.NameRegistrantContact.OrganizationRegistrantContact.StreetAddressAdminContact.NameAdminContact.OrganizationAdminContact.StreetAddressBillingContact.NameBillingContact.OrganizationBillingContact.StreetAddressTechContact.NameTechContact.OrganizationTechContact.Street

それ以外のフィールドでは無視され、trueと解釈されます。

代わりに、末尾のワイルドカード検索を使って部分一致を見つけることができます。

ワイルドカード検索

ワイルドカードのリクエスト数の上限は、1分間に5回です。

特定のフィールドを検索するためにワイルドカードを使用することができます。「domainName」以外の全てのフィールドでは、先頭と末尾のワイルドカードを一緒に使用することはできません。この場合、末尾のワイルドカードは取り除かれます。「domainName」フィールドでは、末尾ワイルドカードと先頭ワイルドカードの両方がある場合、中間ワイルドカードは使用できません。この場合、中間ワイルドカードは取り除かれます。このようなクエリは遅くなる可能性があることにご注意ください。

{
    "apiKey": "API_KEY",
    "searchType": "current",
    "mode": "purchase",
    "advancedSearchTerms": [{
        "field": "RegistrantContact.Organization",
        "term": "Air*bnb*"
    }]
}

ワイルドカードの使用例

{
    "apiKey": "API_KEY",
    "searchType": "current",
    "mode": "purchase",
    "advancedSearchTerms": [{
        "field": "DomainName",
        "term": "facebook."
    }]
}

- 返すドメイン名数は0です。

{
    "apiKey": "API_KEY",
    "searchType": "current",
    "mode": "purchase",
    "advancedSearchTerms": [{
        "field": "DomainName",
        "term": "facebook.*"
    }]
}

- 400超のドメイン名を返します。